2019年1月6日の釣り

釣果

1.メジナ 5匹

2.アイゴ 2匹 - リリース

先日は北風と波がある厳しい釣り場でした。(気温6度ー7度、北よりの風3m-6m)

朝一はメジナ1匹、アイゴ1匹でしたが、干潮30分後くらいの11時半くらいにメジナが3匹釣れました。その後はアイゴ1匹、メジナ1匹追加して終了となりました。

今まで服装は目先のコストパフォーマンス優先でしたが、昨年12月に2回も雨に打たれ寒い思いをしたので、服装を見直してみたらやや快適になりました。アウターをロゴスの防水防寒あったかですが蒸れる物からダイワのゴアテックスのウインタースーツにしたら格段に蒸れなくなり、防風性能も格段に上がりました。またインナーをフリーノットの超厚手(丸首)からシマノの超極厚(ハイネック)にしてフリーノットの上から来ていたヒートテック極暖(ハイネック)をやめたら汗冷えしなくなりました。下半身インナーと靴下はシマノ超極厚を揃えてしまいましたが、フリーノットと比べてやや暖かくなった気がする程度で格段の変化は無かったです。

ゴアテックスは手入れが必要との事で、高い洗剤も買いました。(NIKWAX(ニクワックス) LOFTテックウォッシュ1L EBE183 【洗剤】、NIKWAX(ニクワックス) TX ダイレクトWASH-IN 1L EBE253 【撥水剤】)良く調べると撥水処理用なので、撥水が落ちたら使おうと思います。

普段洗いは無添加の洗剤が使えるようだったので自己責任で洗いましたが、撥水は落ちませんでした。

洗い方は洗濯ネットに入れて手洗いモードで洗いはそのまま、すすぎ3回(注水)で洗剤を少なめに入れ、脱水なし。終わったら洗濯機の蓋を開けておき(エラーで脱水を止める為)脱水1分にセットして水を抜き、ゴアテックスの水気が切れたら取り出して(衣服内の水は軽く押し出して流します)、浴室乾燥で干します。手抜きの洗い方ですが、撥水が落ちなかったので多分大丈夫かと思っています。


昨日の服装( 天気 曇り、気温6度ー7度、北よりの風3m-6mで動くとやや暑く感じて、ウキを見つめてじっとしていると若干涼しく感じる )

<インナー>

ドライのTシャツ、ドライ気味のパンツ

シマノ ブレスハイパー+℃ ストレッチハイネックアンダーシャツ(超極厚タイプ) IN-031R ブラック L

シマノ ブレスハイパー+℃ ストレッチアンダータイツ(超極厚タイプ) IN-035R ブラック L

<靴下>

シマノ ブレスハイパー+℃・バルキーソックス(超極厚タイプ) ブラック フリー SC-031R

<手袋>

下にメジャークラフト グローブ チタングローブ指3本カット(中の銀色のコーティング?がすぐボロボロになりましたが、勿体ないので着脱しにくい手袋として使っています) + TRUSCO 使い捨て極薄手袋(天然ゴムパウダーフリー)100枚入 M 白

<ミドラー>

ユニクロのフリース(5年から10年くらい昔の物)、ユニクロの防風のズボン(綿未使用の昔の物)

<アウター>

ダイワ ゴアテックス ファブリクス ウィンタースーツ DW-1908 ブラック XL

<靴>

ゴムの長靴


使用したタックルです。
竿: ダイワ 磯竿 オレガ 遠投 8-51改(タマン竿仕様)
リール: ダイワ リール 17 セオリー 4000H
道糸: よつあみ(YGK) ライン G-SOUL SUPER CASTMAN Blue Special WX8 300M 46LB(2.5号)
力糸: 東亜ストリング レグロンワールドプレミアム 10号 600m + 放浪カモメオリジナルPEライン【300m 70lb 5号】【ハイビズイエロー】エクストラパワー(X-POWER)
ウキ: 自作
カゴ: 自作 83gのカゴ(コマセの重さ65g)
ハリス: ダイヤフィッシング ライン ジョイナー 船ハリス 100m パステルブラウン 5号 <= 4号
針: マダイ針6号 + エダス針(マダイ針7号)
コマセ: オキアミ3kg、アミエビ1kg、アミパワーグレ1kgくらい
付けエサ: マルキューくわせオキアミスーパーハードーL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です