2018年10月6日の釣り

釣果
1.メジナ 2匹 - リリース

2.アイゴ 1匹 - リリース

3.子マダイ(5cm)1匹 - リリース

4.子カンパチ 1匹

6.ムロアジ 29匹

10時くらいからムロアジが沢山釣れましたが、最後はウツボに左手の親指を食いつかれ強制終了となりました。

ウツボですが、血抜きした水汲みバケツを海で洗っていたらいきなり噛まれました。今までは近づいてきて威嚇された事は何度もあったのですが、いきなり食いつかれたのは初めてです。噛まれた痛みで左手を引き上げたのですが、ズタボロになっており血が噴き出してきました。タオルで止血後に確認したら縦横斜めに7か所の傷が出来ていて一晩たってもまだ傷が開きます。救急病院に行こうと思ったのですが、指が動くのと血が止まった事で様子見です。休日明けに傷がある程度塞がっていなければ縫ってもらうしかなさそうです。一撃で釣りが強制終了なのと傷の治りに時間がかかりそうなウツボには皆さまご注意ください。

悲惨な結果になってしまった今回の釣行ですが、遠投の飛距離が伸びました。最大119巻き(120.19m)の距離が出ました。上空の風は不明ですが、風は横風微風だったので以前からの目標を達成出来ました。前回までは599gのロングサーフT改で振り重りと腕の痛みを感じながらの遠投でしたが、今回はタマンモンスター遠投8-52(540g)にて振り重りもなく振り切れました。前回と比べて大きく違ったのはスイングスピードでした。前回までの重くて硬い竿で筋力がついたようで、タマンモンスターが以前とは違う竿のように軽く感じました。投げ方は右足を横、左足を前で重心を右足に、腰を陸側に無理の無い程度に捻り、左手を右側にやや出した構えから、足、腰、腕とスリークォーター気味(宙づりスリークォーター)で投げました。スムーズに腕が出た時がスイングスピードが速かったので、力むと飛距離がいまいちでした。まだまだ会心の一撃のような感じなので体で覚えるには練習が必要のようです。

使用したタックルです。
竿: ダイワタマンモンスター遠投8号
リール: ダイワ リール 17 セオリー 4000H
道糸: よつあみ(YGK) ライン G-SOUL SUPER CASTMAN Blue Special WX8 300M 46LB(2.5号)
力糸: 東亜ストリング レグロンワールドプレミアム 10号 600m + 放浪カモメオリジナルPEライン【300m 70lb 5号】【ハイビズイエロー】エクストラパワー(X-POWER)
ウキ: 自作
カゴ: 自作 83gのカゴ(コマセの重さ65g)
ハリス: ダイヤフィッシング ライン ジョイナー 船ハリス 100m パステルブラウン 5号 <= 4号
針: マダイ針7号 + エダス針(マダイ針7号)
コマセ: オキアミ3kg、アミエビ1kg、アミパワーグレ1kgくらい
付けエサ: マルキューくわせオキアミスーパーハードーL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です