2018年6月3日の釣り – オレガ遠投8-51を試してみました(2回目)

釣果
1.子サバ 8匹(5cm-10cm) - リリース

2.イワシ 1匹(5cm) - リリース

先日は6時頃満潮、13時頃干潮でした。風が無風、微風で絶好の遠投日和でした。

前回に引き続き飛距離アップへの2回目のチャレンジですが、前回の強風時に感じた飛距離の伸びは間違いだった事に気付きました。前回はウキがスイベルから外れていて仕掛けの回収時にウキが外れて流されてしまった為、ウキを変えました。変えたウキの羽が小さめの物だったので飛んだように見えただけでした。(強風で糸ふけも沢山出ていたため分かりませんでした)

今回は無風、微風だったので、糸の出が確認出来て、リールの巻き取り数でも確認出来ましたので、飛距離が伸びていないのが良く分かりました。

オレガ遠投8-51は反発が強くて硬い竿ですが、今回は力の入れ方によって垂らしの長さを変えられる事が分かりました。朝は力があまり入らず、垂らしの長さを長めにしていたのですが、振り幅を犠牲にしていたので90巻き(94.5m)しか飛びませんでした。日が昇り体からだるさが取れた頃から力が入るようになり、垂らしを短くしていってもスムーズに投げられるようになっていきました。ただ押し込み時に反発の重さを感じていたので、慣れて完全に振り切れるまでしばらく時間がかかりそうです。

飛距離ですが、無風時に97巻き(101.85m)、98巻き(102.9m)、100巻き(105m)と少しずつ伸びていきましたが、最後の方は疲れにより95巻き(99.75m)程度でした。

100巻き(105m)の時も、最後の押し込み時のスイングスピードが遅いと感じましたので、慣れればもう少し飛距離を伸ばせそうです。

 

使用したタックルです。
竿: ダイワ 磯竿 オレガ 遠投 8-51改(タマン竿仕様)
リール: ダイワ リール 18 カルディア LT5000D-CXH
道糸: よつあみ(YGK) ライン G-SOUL SUPER CASTMAN Blue Special WX8 300M 46LB(2.5号)
力糸: 東亜ストリング レグロンワールドプレミアム 10号 600m + 放浪カモメオリジナルPEライン【300m 70lb 5号】【ハイビズイエロー】エクストラパワー(X-POWER)
ウキ: 自作
カゴ: 自作 83gのカゴ(コマセの重さ65g)
ハリス: ダイヤフィッシング ライン ジョイナー 船ハリス 100m パステルブラウン 3号
針: チヌ針3号 + エダス針(マダイ針7号)
コマセ: オキアミ3kg、アミエビ1kg、アミパワーグレ1kgくらい
付けエサ: マルキューくわせオキアミスーパーハードーL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です