2018年1月14日の釣り – シマノボトムキングT500を試してみました(2回目)

釣果
1.イナダ 1匹

2.クロダイ 1匹

先日は風が弱い予報だったので新しく買ったシマノボトムキングで2回目の釣りにいきました。前回使用時にガイドに結び目がコツコツ当たっていたので、強風だとライントラブルになると思っていたからです。

前回はタラシが短めでしたが、今回は1本針の為、振り幅を変えずにタラシを長くとりました。その結果、前回硬いと感じた竿が柔らかく感じ、押し込みだけで竿を曲げる事が出来ました。飛距離は変わりませんでしたが。。。

軽いので疲れ軽減にはなるのですが、期待していたスイングスピードアップには至らなかったようです。(自分の中では何の抵抗も無く投げられるのですが、飛距離は変わらずです)

もっとタラシを長くして、振り幅のとれる投げ方で遠投出来るか試してみたいのですが、足場の悪いゴロタ場では無理そうです。いい場所が見つかったら3回目試してみます。

 

先日の釣りですが、朝7時にイナダが1匹釣れて、その後11時頃にクロダイが釣れました。クロダイは潮のせいなのか分かりませんが、セオリー4000Hがグリグリ巻けない状態の重量感でした。

先日は9時頃干潮、14時半頃満潮でした。天気は晴れで風もあまり無く、朝から12時くらいまでは波がありました。前回と同様に潮は澄み切っていました。

完全ボウズだった前回と同様に、付けエサは早めに回収するとボロボロの状態、もしくは針の部分のみ残っている状態で、カゴを流しっぱなしにすると無くなっていました。時間を掛けて喰って吐くを繰り返していたのはメジナとばかり思っていたのですが、メジナはお留守のようでクロダイでした。シャクったら3回ほど当たったのですが、硬い部分にあたっていただけのようで、すべてすっぽ抜けました。

2018年最初の釣果が季節外れのイナダで驚きました。

 

使用したタックルです。
竿: シマノボトムキングT500
リール: ダイワ リール 17 セオリー 4000H
道糸: よつあみ(YGK) ライン G-SOUL SUPER CASTMAN Blue Special WX8 300M 46LB(2.5号)
力糸: 東亜ストリング レグロンワールドプレミアム 10号 600m + 放浪カモメオリジナルPEライン【300m 70lb 5号】【ハイビズイエロー】エクストラパワー(X-POWER)
ウキ: 自作
カゴ: 自作 83gのカゴ(コマセの重さ65g)
ハリス: ダイヤフィッシング ライン ジョイナー 船ハリス 100m パステルブラウン 3号
針: チヌ針3号
コマセ: オキアミ3kg、アミエビ1kg、アミパワーグレ1kgくらい
付けエサ: マルキューくわせオキアミスーパーハードーM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です