電気ウキ羽

電気ウキはあまり使用しませんが、羽部分も自作してみました。

羽を切り出します。東急ハンズの塩ビ0.4mm厚を使っています。

型は3Dプリンターで出力しました。

羽は1000番の紙やすりで擦っています。

黒いのは3Dプリンターで作った羽接着用器具です。

土台の厚さ1.3cmで8mmの穴に8mmのパイプを差し込めます。

また羽を合わせる0.5mmの隙間の柱が四方にあります。

これに瞬間接着剤を付けて。(塗り過ぎみたいですが)

2液エポキシで接着しました。

セメダイン 難接着材料用接着剤 2液性 EP001N P 40g RE-004

接着のセンス、スキルは皆無で塗り過ぎのようですが、強度はセメダインスーパーXのべたべた塗りよりもありそうです。(今までの接着剤はセメダインスーパーXしか使っていませんでした)

初めて2液エポキシを使いましたが、素人でもなんとかなりました。

スワン羽を使ったのと比べると1.2g重くなっていたので、LED、ストロー、電池込みで17.7gになる見込みです。ボンドの白化が見苦しいのですが、1~2gの塗装をするかは考え物です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です